どーも、全力坊主です!

ビッグニュースであります!
IMG_8088

なんと!鹿児島県日置市で「ドリフターズ」原画展を開催することが決定いたしました!


今回の告知内容は2点。

①日置市の観光案内所2階で10月20日(金)~29日(日)の期間
「ドリフターズ」原画展が開催される。

(お~、10月21日、22日の妙円寺詣りの際に見に行ける!)
https://maps.app.goo.gl/v5PEFGV3A166fJ9r9?g_st=ic

②敵中突破フォトラリー開催します(期間は原画展と同じ)。
 なんと関ケ原合戦祭り2023「10月14日・15日」もフォトスポットに!
 (日置市ブースにお越しくださいませ!)

「ドリフターズ」原画展の関連企画は、ひおきとブログで順次紹介します!
ドリフターズ・戦国島津ファンにとって、十分楽しめる企画になるよう頑張ります!
(ひおきとプロジェクト始まって以来のBIGイベントです!)


■「ドリフターズ」とは?
日置市ゆかりの武将「島津豊久」が主人公の漫画で、少年画報社「月刊ヤングキングアワーズ」にて連載中の人気作品であります。
戦国島津に関心を持つキッカケになった方も多い本作品。
作者は平野耕太先生。
本当に感謝であります!

FullSizeRender
↑7巻発売前に読み返した時の写真

IMG_7709
7巻を見つけた時のテンションたるや…即買いでした。

IMG_8095
当然こちらも購入!こちらは職場用として私のデスクに設置。


今回の「ドリフターズ」コラボ企画実現のポイントは「関ケ原の戦い」であります。
関ケ原の戦い屏風

島津の退き口・戦国島津を語り継ぐ「鹿児島三大行事:妙円寺詣り」。
この伝統行事を守り続ける日置市は、青少年育成事業として「関ケ原戦跡踏破隊」を結成し、毎年夏、関ケ原を出発し、島津の退き口の退路を歩む行事を実施しています。



この取り組みがご縁で、日置市と岐阜県関ケ原町は兄弟都市盟約を締結。
この兄弟盟約!なんと今年で60 周年を迎えるのであります!
私の生まれる前からですよ!ビックリです!
始まった当初はガチルートで200キロ以上あったとのこと。


このご縁を↑の生配信番組で紹介しています。アーカイブをご覧ください(開始28分頃)。

この記念すべき年を祝し、「鹿児島三大行事:妙円寺詣り」の時期に合わせ、ドリフターズ原画展を中心とした各種イベントを企画。

日置市・関ケ原町・島津氏の歴史の魅力発信を行うとともに、「戦国島津のまち日置市」のイメージ定着を図るものであります。

ドリフターズ作品のファンの皆様は勿論のこと、妙円寺詣りに来られた県内外の方々にもドリフターズという作品を通して島津氏、日置市の歴史に興味を持っていただけるような仕掛けを企画しています。


今回のコラボ企画が実現した背景には、とある人物の尽力がありました。

それがこのお方!

岩川さん


仙巌園の学芸員 岩川さん!

感謝!感謝!
であります!

戦国島津関連のイベントや漫画作品・アニメ・ゲームなど「戦国島津×〇〇」的なコラボ企画を多く手掛けてらっしゃいます。

実は、日置市の学芸員として活躍されていた時期があり、2015年「国民文化祭」の時には大規模な「ドリフターズ原画展」を成功させております。「関ケ原の隼人たち」という戦国島津推し事業のひとつ。

私も当時、この「関ケ原の隼人たち」PR活動に参加しており、甲冑着て色々なところでPRを行いました。
この活動の中で武者バンドによるPRも行っており、現在の「ひおきPR武将隊」の原型ともなっています。
(当時は、岩川さんがベース、私がドラムでした。)


↑のブログにもあるように、岩川さんが出演するトークイベント
「大河の世界と戦国島津」にも注目です!
IMG_3961

今回の「ドリフターズ」コラボ企画は、原画展はもちろんのこと、敵中突破フォトラリーの開催や限定グッズの販売など色々と検討しております!

関連イベントなどの詳細は、9月26日(火)午後8時からひおき武将隊がお送りするド・ローカル番組
ひおきとTV生放送「島津の退き口スペシャル」で紹介させていただきます!

【2023.9.26】ひおきとTV生放送「島津の退き口スペシャル!妙円寺詣り」



ぜひ!ご覧いただきたいと思います!


なお、今回のコラボ企画は「関係人口創出事業:ひおきとプロジェクト」の一環で実施します。
戦国島津(歴史)を活用したまちづくりに関心のある方々で楽しく妄想しようというイベントを10月1日(日)東京有楽町で開催しますので、ぜひ遊びに来てくださいませ!



それでは、2023年10月20日~10月29日、日置市でお待ちしておりま~す!
今後の情報も「ひおきと」でチェックしてくださいませ!


IMG_7712
友だち追加